新着情報

2013年7月15日 好きな芸能人それは寺尾聰さんです

好きな芸能人と言われて頭に浮かぶ人は、寺尾聰さんです。 フアンになったのは、昭和40年代に流行ったグループサウンズの時でした。 丁度私も音楽に目覚めていた頃で、素敵な人と思ったのが最初でした。 この時は、ザ・サベージと言うバンドのベースを担当していたのですが、寺尾聰さんでした。 「いつまでも いつまでも」の大ヒットあと、「この手のひらに愛を」で2番を唄っていた寺尾さんでありました。 その後、俳優さんに転向した感じで、石原軍団のテレビ番組に出るようになったと思います。 シャイな感じで、お洒落な姿は、彼の本来の姿そのままと思って、テレビを見ていたものでした。 その後再び、音楽で日の目を見た寺尾聰さん、あの時は完全にスーパースターの域に達していたと思います。 あの「ルビーの指輪」のヒットは、あそこまで売れるのか、と思うほどの勢いがあり誰もがビックリしたものでした。 日本の歌謡曲の流れを変えた一曲でもあると思うのです。 また、同時に売れた「シャドーシティ」「出向・SASUAI」の3曲ベストテンランクは、偉業だったと今でも心に残るものでした。 そして私を泣かせてくれたのが、あの映画「半落ち」でした。 「雨あがる」の良い映画と思いましたが、「半落ち」は、小説を読んで内容を知っていた私でも感動する演技を見せてくれたものでした。 そんな寺尾聰、もう40年以上フアンを続けているのでした。

ナイトワークで働くために

ナイトワークは高収入の仕事が多いですが、
長期的に安定してお金を稼げるタイプの仕事は少なく、大体どの仕事も短期間、
長くても中期間だけ働いてお金が稼げるようになっています。
中には長期間働くことが出来るナイトワークもありますが、
そういった仕事の場合は他のナイトワークに比べて収入が低めです。
ナイトワークと言うのは短い期間一生懸命働いて貰うための仕事と理解した方が良いでしょう。
ナイトワークと言うとやはり水商売や風俗の仕事が多くなります。
大企業がそういうお店をしている事は少ないですから、そのお店を行っている会社の規模も小さいのが普通です。
そういったお店で長期間安定して雇用をすると、いざと言う時にその従業員を解雇しようとしても法的に難しいので、
それなら短期間の代わりに給料を沢山出す、そういったギブアンドテイクのような仕組みです。
ナイトワークでは正式な正社員として働くのはマレで、大抵がアルバイトやパート、期間従業員のような形での採用になるでしょう。
それはお店に雇われていると言うより、出演の契約をしているような物ですから、
ナイトワークで働くためには一般の会社の雇用契約とは違う事が多いと言う事を理解してください。

ナイトワークは給料が良いだけにかなりのお金を稼ぐ事が出来るでしょう。
若い女性に向いている仕事も沢山ありますし、そういった仕事でサラリーマンでは稼げないお金を短期間で稼ぐ事も可能です。
とにかく今お金が必要、お金が出来てからゆっくりと将来の事は考えたいと言うかたは、
稼げる時に稼ぐと言う感じで、ナイトワークでガンガンお金を稼いでください。
最近ではキャバクラ派遣というものもあり、仕事探しが楽にできるかと思います。
キャバクラ派遣なら、仲介してくれる人がいるので、安心して働けるはずです。
ナイトワークはお金を稼ぎたいと言う気持ちが無いと勤まりません。
ナイトワークの仕事の原動力はお金ですから、お金のために一生懸命働く、それで良いのです。
ナイトワークもいろんな仕事があります。
お金を稼げても自分にはその仕事は無理と言う物も当然あるでしょう。
そういった仕事を無理にする必要はありません。
他にも沢山の仕事がありますから、自分に出来るナイトワークを選んで働いてください。
ナイトワークは学歴も経験もあまり必要無く、
働いてお金を稼ぎたいと言う気持ちがあれば誰でもウェルカムな気概のある世界です。
ナイトワークでお金を稼ぐんだと言う気持ちでその世界に飛び込めば、きっとお金をがっつり稼ぐ事が出来ますよ。