新着情報

2013年8月8日 いつかニューヨークでカウントダウン

もう一度体験してみたいお正月は海外で迎えるお正月、10年ほど前に元旦の午前便で香港旅行に飛び立った時に、機内でお屠蘇が配られた時には「お正月だわね~」と友人たちと口ぐちに話したものでした。次回はできればハワイとかグアムとか暖かい場所が良いと思うけど、テレビで毎年流れるニューヨークのカウントダウンなんてものも体験してみたい。英語は決して堪能ではないけれども、3.2.1.0といったカウントダウンくらいなら私にだって言えるのだから、あの場所のあの活気の中でカウントダウンをしたらどんな気持ちが良いだろうと考えてしまう。しかし理想と現実のギャップは激しいもので、海外どころか国内旅行にも行かないお正月を過ごしています。理由は簡単、すっかり出不精になってしまった事と、正月料金で旅行に行くのが勿体ないと感じるようになってしまったからです。その為ここ数年のお正月の過ごし方はもっぱら寝正月。人間はこんなに堕落をすることができるのか?というくらいに何もせず、ただひたすらにゴロゴロ横になり、テレビを見たりパソコンをいじったり、ビデオをみたり、お腹が空いたら時間など関係なくあるものを適当に食べる、もちろん一日中着替えもせずにパジャマでゴロゴロ。独身だからできる事だろうけど、こうしてだらだら過ごすお正月が至福の時間と感じるようになってきているのです。

今の健康を維持するためにしている事

3人兄弟の他2人は生まれた時は2人とも3000gを超えた体重なのに対して、2750gしかなかった私。 その上食道が細かったようで、ミルクを飲むたびにむせて吐き出していたという赤ちゃんだったらしいのです。 母方の祖母は「この子は大丈夫だろうか?」と心配をしてくれたらしいのですが、
おかげ様でその後はすくすくと育ち、大きな病気にかかる事もなく、45歳の歳を迎える事ができています。 物心がついてからも38度以上の熱が出たという記憶もなく、年に一度二度くらい風邪をひいたとしても、
2、3日眠っていれば治るという丈夫な身体になっています。 そんな病気知らずの私なのですが、さすがに40代を迎えた頃から体力の衰えというものを感じてきています。 20代30代の頃までは、多少寝不足の日が続いたとしても仕事中に眠たくなる程度でしたが、 40歳を過ぎてからは寝不足の日が数日続いた途端に、仕事から帰ると眠くて眠くて仕事から帰宅をすると食事もとらずに眠ってしまう日もでてきました。 このままでは体力の衰えだけではなく、健康も害してしまうかも知れないと私が始めたのがウォーキングとストレッチです。 ウォーキングは本来は毎日したい所ですが、仕事の都合上週末にしかできませんが、 それでも週に1、2度という少ない回数ながらも一回に30分から1時間という時間を歩く事によって、健康維持と共に体力の維持と向上を務めています。 そしてこのウォーキングには体力維持と共に、太陽の光を浴びて心身を健やかにするという意味も込めています。 平日は事務所の中で仕事をしているので、この太陽の光に浴びるという時間がなかなか取れません。 私は人間も植物と同じなので、太陽の光を浴びる事で太陽の力をもらい、それがエネルギーになると思っているのです。 実際にうつ病など精神疾患の人には「朝日を浴びる」という治療法があるそうです。 太陽の光を浴びる事で、セロトニンという「やる気」がでるとされる物質が分泌をされるというのです。 精神疾患の人はこのセロトニンの分泌量が減っているという事なので、 このウォーキングによって太陽の光をたっぷりと浴びてセロトニンの分泌を促すという事は体力維持だけでなく、心身のためにもなっていると思います。 ストレッチはお風呂上りに毎晩行っている事です。
体型維持という目的も持っていまますが、腹筋・背筋などを鍛え、内臓脂肪を減らす事で成人病などの予防を兼ねているのです。
こうして身体を動かす事で、40代の初めに感じた体力の衰えが少しずつ改善をされて、体力が向上してきたようです。 この向上した体力で、このまま健康維持を心がけていきたいと思っているのです。

体力をつけることはもちろんですが、健康維持のためには食生活に気を配りたいです。若い頃には食べたいものを好きなだけ食べていても、何不自由なく健康に過ごせていたのですが、40歳を過ぎるとなかなかそうはいきません。生クリームたっぷりのケーキを食べれば胸やけし、脂っこい中華料理屋や、焼き肉に行けば胃もたれは確実です。おのずと、若い頃とは食の好みも変わり『身体に良いものを食べて健康な身体をつくろう』という意識が芽生えました。そうはいっても、毎日粗食を頂いているわけではありません。

ジャンクな食べ物を切り離せない現代人の健康維持は青汁で解決できます。野菜不足をスティック1本の青汁で緩和できるので、たくさんの量の食事を食べられなくなった40代の私にはとても嬉しいです。ちなみにわたしが気に入った青汁はレモン味の青汁でとても飲みやすいです。みなさんも自分の嗜好にあった青汁を探すといいと思います。人の飲んだ感想を参考にしたい人は青汁比較ランキングが助けになることでしょう。青汁のパッケージを見ただけでは正直味はわかりませんし、なにより口コミ情報ってけっこう信用性が高いですし、便利なインターネットを活用するべきです。

意識して健康管理をしなければ免疫力も低下したり色々大変です。 当然規則正しい食生活や、早寝早起きなど、先人からの教えは正しく現代人にも同じように必要です。現代は私たちの健康をサポートする施設などの便利なサービスがありますので、上手く生活に取り入れていきたいですね。